神戸で脂肪吸引VASER(ベイザー)なら神成美容外科

ご予約・お問い合わせ10:00〜19:00078-242-4380インターネットからも受付中

よくある質問

VASER LIPO 2.2に関する、
よくあるご質問をご紹介します。

VASER LIPO 2.2と通常脂肪吸引の違いは?
通常の脂肪吸引は、脂肪を削って掻き出すという原理で手術を行います。それと違い、ベイザー脂肪吸引はベイザー波という特殊な超音波を照射することで、脂肪細胞の一つ一つをバラバラに遊離してから吸引するため、非常に効率が良く安全に吸引できます。また、内部組織を傷つけずに手術を行うことで、身体への負担が少なく、痛み・腫れ・内出血等のダウンタイムを最小限に抑えることが出来る為、日常生活や仕事への復帰を早期に行うことが出来ます。
同じ患者様で同じ範囲の手術をした場合、内出血やむくみなどの体へのダメージは4分の1程度で、吸引できる脂肪量は30%多いといわれています。
手術後翌日から仕事へ行けますか?休みは必要ですか?
手術部位の範囲にもよりますが、脂肪吸引は静脈麻酔を長時間使用する大きな手術となるため、術後は腫れや痛みもあります。出来れば安静にしていただくため、2~3日は休暇を取っていただくことをお勧め致します。狭い範囲の手術であれば、翌日から出勤される方もいらっしゃいますので、お仕事内容等含めご相談ください。
ベイザー脂肪吸引のデメリットは?
VASER LIPO 2.2には3つの特徴があります。
  • 他の脂肪吸引方法では不可能な、90%以上の脂肪除去が可能。
  • 手術後のダウンタイム(むくみ・腫れ・痛み)が短い。
  • 手術後に皮膚のたるみが出にくく、皮膚を引き締める効果がある。
従来の脂肪吸引と比較して手術代金が割高になってしまうというデメリットはありますが、それでもベイザー脂肪吸引をご希望の患者様にとってはとても重要な3つのメリットです。
VASER LIPO 2.2で吸引した脂肪をほかの部位へ注入することは可能ですか?
VASER LIPO 2.2で吸引した脂肪を胸やお顔など、ボリュームがほしい他部位へ注入することも可能です。ご自身の脂肪細胞を注入する為、安全性も高く、ヒアルロン酸等の注入剤とは違って定着しやすいのがオススメの理由です。また、採取した脂肪をコンデンスリッチファットやマイクロコンデンスリッチファットとして注入することも可能です。
神成美容外科では脂肪注入する脂肪をシリンジ吸引法にて採取することも可能です。詳しい治療方法はカウンセリングにてお問い合わせください。
手術後リバウンドしますか?
脂肪細胞は18歳頃までは盛んに分裂し増えていきますが、それ以降はほとんど分裂せず増えることはないとされています。脂肪細胞自体を吸引除去することで、これまで以上に太ることはないだろうという原理で生まれたのが脂肪吸引手術です。しかし全ての脂肪細胞を吸引するわけではなく、綺麗なボディラインをつくるためにも脂肪細胞は必要となります。そのため、身体に残った脂肪細胞が食事の過剰摂取により肥大し、太ることは理論上あり得ますが、手術前の体型に戻るということは少なく、一般的なダイエット法にありがちなリバウンドは起こりませんのでご安心ください。
手術後ほかの部位に脂肪がつきやすくなりますか?
脂肪吸引手術を受けたからと安心して暴飲暴食してしまうと、脂肪細胞自体が肥大して太ってしまったように見えますが、決して別の部位につきやすくなるわけではございません。折角の脂肪吸引効果を持続させるためにも健康的な食生活・日常生活を心掛けていただくようお勧め致します。
男性の場合手術代金は高くなりますか?また、吸引した脂肪量によって料金は異なりますか?
神戸三宮・神成美容外科では、男性・女性問わずVASER LIPO 2.2の料金は一律となります。また、吸引量によって料金が異なることもございません。無料カウンセリングにてお見積りさせていただいた金額通りのお手術代金となり、手術後追加料金を頂くことはございませんのでご安心ください。ベイザー4Dスカルプトは、VASER LIPO 2.2の料金とは異なりますので、料金表にてご確認ください。
全身脂肪吸引を希望していますが、同時に出来ますか?
脂肪吸引手術を一度に行える範囲は限られております。体型や吸引量により個人差はございますが、安全面を考えて上半身もしくは下半身の範囲内でご案内させて頂いております。
術後のダウンタイムを考慮すると、「二の腕+太もも全体」または「腹部全周+ふくらはぎ」このような範囲の分け方がオススメです。一度目の手術後最低3ヶ月は空けて頂き、血液検査に問題がなければ2度目の手術が可能です。
家族に内緒で手術を受けたいのですが、気づかれずに手術を受けられますか?
ご一緒にお住まいでない場合は可能かと思います。同居の場合は、皮下出血・腫れが約2~3週間出現するため、その部分を見られてしまうと気づかれてしまう可能性は高いと思います。服装などで手術範囲を隠すことが出来れば気づかれる可能性は低いと思います。
手術後スポーツはいつからできますか?
手術範囲や治療部位・吸引量にもよりますが、1週間後の抜糸が完了し大きな腫れ・むくみが治まるまで控えていただくことをお勧めします。スポーツの種類により状況が異なりますので、早期に開始したい場合はご相談ください。
できるだけ脂肪を取ってほしいのですが、どれくらい取れますか?
手術をご希望の患者様ほとんどの方がこのように望まれるかと思いますが、脂肪を多く取り過ぎることは健康上に大きな問題があり、とても危険です。また、「細い」=「美しい」ではありません。女性らしいボディラインは、適度な脂肪があるからこそキレイなのです。ご状態を診察したうえで「どれくらい吸引するのか」「どのように残すのか」を考え、筋肉とのバランスを考慮してデザインすることがとても重要なポイントです。
もともと痩せ型ですが、脂肪吸引は可能ですか?
従来の脂肪吸引手術では、脂肪の少ない方は術後のたるみや凸凹のリスクが高く、結果にご満足いただきにくいため通常お勧めしません。しかし、ベイザー脂肪吸引は皮膚の浅い層の脂肪吸引も可能なことや、皮下脂肪が少ない方でも、ベイザー波による皮膚のタイトニング効果が期待できるため、手術をお受けいただける場合があります。ご心配な方は無料カウンセリングにてご相談ください。
仕上がりは不自然になりませんか?凹凸はできませんか?
術後の仕上がりが凸凹にならずに吸引するためには、医師の技術力が最も重要なのです。 脂肪吸引技術が優れた医師でも、脂肪細胞を取り過ぎてしまうと凹凸が出来ることがあるため、仕上がりのボディラインを考えながらバランスよく脂肪を取り、なおかつ脂肪を適度に残すという技術と美的センスが大切です。そのためにも信頼できる医師選びが重要です。その他、傷跡の配慮やアフターケアの内容も、美容外科選びの重要なポイントのひとつとなります。神成美容外科では、全ての患者様の手術を院長自ら担当させていただきます。術後凹凸の無いナチュラルな仕上がりになるように工夫し、術後の合併症やリスクについてもしっかりと説明いたします。手術を受ける前に、疑問点をしっかりと解消して安心してお受けいただく事が神成美容外科のモットーとしているところです。
術後のダウンタイムを短くするにはどうすればよいですか?
治療範囲・吸引量にもよりますが、術後3日間はできれば無理をせず安静にしていただき、処方するお薬をしっかり飲んでいただければ徐々に腫れ・痛みは引いてきます。手術当日から圧迫固定下着を毎日着用していただくことで、1週間程経過すると大きな腫れと炎症は治まり、吸引部位に広がる内出血も徐々に吸収され始めます。また、その頃から組織の修復過程で吸引部分が硬くなる「拘縮(硬縮)」が起こり始めます。その拘縮(硬縮)を予防・改善するために、高周波温熱治療の「ラフォスプレミアム」でマッサージすることで血流を促進し、内出血が吸収されやすくなりダウンタイムを短くすることが出来ます。当院で脂肪吸引手術をお受けいただいた患者様には特別価格をご用意しておりますので、是非ご利用ください。
日常生活における注意事項は?
術後腫れ・痛みが強く出ている場合は、体温があまり上がらないよう安静にしていただくことをお勧め致します。血流が良くなると腫れ・むくみが増強される可能性もありますので、長時間の歩行や、立ちっぱなし、飲酒等は極力お控えください。また下半身の手術の場合、重力により膝周囲~足の甲・指がむくみやすくなりますので、安静にできる場合は足を少し高くしてお休みいただくと、より早期改善につながります。術後の回復の妨げとなりますので、喫煙も極力控えてください。 手術により体力を消耗していますので、栄養バランスの良い食事を心掛けてください。
シャワーや入浴はいつから可能ですか?
シャワー浴は、患部の圧迫固定を濡らさなければ当日から可能です。手術3日後の固定除去が終われば、全身濡らして頂いても構いません。手術7日後の抜糸が終われば入浴も可能です。
手術費用以外に料金は必要ですか?
神戸三宮・神成美容外科では麻酔代・お薬代もベイザー脂肪吸引代金に含まれております。また、手術当日から着用して頂く圧迫固定下着「メディカルサラマシェリ」1着分も含まれておりますので、別途追加費用は必要ございません。 別途洗い替え用等の追加購入や、抜糸後着用して頂くとより効果的な「マレナ(Marena)」をご購入希望の場合は実費となります。料金やサイズ等詳しくはお問い合わせください。
授乳中でも手術は可能ですか?
手術を行うにあたり、麻酔が必要不可欠となります。1週間程断乳できる方であれば手術をお受けいただける可能性がございますので、是非ご相談くださいませ。
手術を受けられない方はいますか?
妊娠中、心臓疾患のある方、極度の貧血状態の方、重度の糖尿病の方、手術に使用する器具や薬剤にアレルギーのある方、血液検査の数値に異常がある方。以上の内容にあてはまる方や、ご心配な方は事前にご相談ください。詳しくは「手術に際する注意事項」をご覧ください。
一度の来院でカウンセリングと手術を済ませたいのですが可能ですか?
神戸三宮・神成美容外科では、事前のカウンセリングにて手術に伴う合併症・リスクをご説明し、十分にご理解いただいてからお手術をお申込みいただいております。また、術前検査として血液検査を行いますので、患者様のお体を一番に考え、検査項目すべての結果を確認してからお手術の準備をさせて頂きます。患者様にはご足労をお掛け致しますが、カウンセリングをお受けいただき、後日手術のご予約をお取りいただきます。最短であれば翌日の手術も可能ですので、ご希望日時がございましたら早めにご予約いただきますようお願いいたします。
内臓脂肪は取れますか?
残念ながら脂肪吸引手術では皮下脂肪しか吸引できません。内臓脂肪がたくさんついている方は、別の方法を考えてみましょう。神戸三宮・神成美容外科では「ラフォスプレミアム(高周波温熱治療器)」で深部加温による温熱作用で基礎代謝を高めて、自律神経を含め細胞組織を活性化させることが出来ます。血流・リンパの流れを促し、代謝を上げて内臓脂肪を燃焼させましょう。内臓脂肪を減らすためには長期的な治療計画が必要です。詳しくはお問い合わせください。
麻酔が怖いのですが、痛みを感じずに手術を受けられますか?
神成美容外科の脂肪吸引手術は静脈麻酔を使用します。静脈麻酔は全身麻酔ほど体に負担がなく、手術中は眠っている為痛みを感じることはありません。入院の必要はなく、日帰り可能な無痛麻酔ですので安心してお受けください。
モニターは募集していますか?
モニター募集内容は「モニター募集」ページにて随時掲載しております。時期により内容が異なりますので、御希望の方はご確認ください。また、モニター様として契約していただくには、モニター条件を満たしている方のみとなりますので、併せてご確認くださいませ。
数年前に他院で手術を受けましたが、同じ部位を再手術できますか?
まずはご状態を診察させていただきます。明らかに脂肪細胞の取り残しが確認できる場合はVASER LIPO 2.2にて表層の脂肪細胞をできる限り均一に吸引し、滑らかなボディラインをつくるよう整えながら手術を行います。
前回の手術による拘縮や凹凸がある場合も、修正しながら治療を行うことも可能ですので、まずは診察をお受けください。
脂肪吸引手術にはいろいろな方法がありますが、どれが一番オススメですか?
ベイザー4Dスカルプト、ボディジェット、エルコーニアレーザー、スマートリポ、プラズマリポ、シリンジ脂肪吸引etc…現在確認できる脂肪吸引手術法は数知れず。患者様にとって一番オススメなのはやはりベイザー波を使用したVASER LIPO 2.2です。脂肪吸引手術を受けるからには確実に効果を実感したいですよね。また、術後に必ず現れるダウンタイム(回復に必要な時間)。これをなるべく短くするためにも、最強の脂肪吸引といわれる「VASER LIPO 2.2」がオススメです。
体重は減りますか?
脂肪吸引は脂肪細胞自体を除去する為、ボディラインはしっかり変わりますが、脂肪細胞は水に浮くほど軽いため、大きな体重の変化はほとんどありません。体脂肪率は変化がわかりやすいと思います。
服用中の薬がありますが、脂肪吸引手術を受けても大丈夫ですか?
事前に服用情報をお伺いします。お薬の内容によっては手術前後の数日間、服用を中止して頂く場合もございますので、診察の際お薬手帳等わかるものをご持参ください。
タバコの喫煙や飲酒は手術に問題ありませんか?
喫煙は術後の回復に影響を及ぼします。タバコのニコチン作用が引き起こす血行不良により、腫れやむくみを長引かせる原因になるため極力控えてください。飲酒については手術前日~術後の腫れや浮腫みが引くまで控えてください。
当日車で来院しても大丈夫ですか?
手術後は麻酔の影響でボーっとしてしまう方もいます。また意識がはっきりしていても時間が経つと再び眠気が襲ってくることもありますので、自己運転ではお帰り頂けません。安全にご自宅までお帰り頂けるタクシーや、ご家族の送迎をお願いしております。
傷跡はどれくらい目立ちますか?
脂肪吸引は目立ちにくい部分を5㎜程切開し、専用カニューレにより吸引します。カニューレ挿入部位には皮膚を保護する為の専用プロテクターを使用しますので、傷跡を目立ちにくくさせることが出来ます。
術後のマッサージは必要ですか?
手術1週間後より患部のマッサージを行うことで血流が良くなり、痛みが軽減し回復を早める効果があります。
また、腹部や大腿内側の皮膚の柔らかい部分はヒキツレが起こりやすくなりますので、ストレッチも併せて行うことをオススメします。
どの部分でも手術は可能ですか?
基本的に脂肪があれば吸引は可能です。
ただし、ふくらはぎのように筋肉質な部分は脂肪層が薄く、吸引量も多くはありません。その為、通常効果がわかりにくい部分ではありますが、VASER LIPO 2.2を使用することで従来以上の効果を実感して頂けるようになりました。もちろん脂肪量には個人差がありますので、仕上がりや効果が不安な場合は是非ご相談ください。
脂肪吸引の効果はすぐに現れますか?
脂肪吸引手術は吸引部分に大量の麻酔液を注入するため、手術直後は通常よりも腫れた状態になります。大きな腫れは3日程度で落ち着き、その後むくみが出て、吸引部分が硬くなる様に感じる「拘縮」という状態になります。これは、吸引部位の組織修復過程で通常起こる症状ですので心配は要りません。約1ヶ月前後で吸引部分が引き締まり、数ヶ月で元通りの皮膚の硬さに戻るため、ベイザー脂肪吸引の効果がわかるまでには1~数ヶ月程度かかります。
手術中の痛みはどれくらいですか?また、術後の痛みは何日くらい続きますか?
手術中に痛みを感じることはありません。静脈麻酔を使用し、眠った状態で手術を行いますのでご安心ください。手術後、麻酔が徐々に切れる為、痛みもそれに伴い出てきます。術後、痛みのピークは約3日間で、強い打撲痛のような痛みがあります。4日目~1週間は強い筋肉痛程度の痛みがあります。痛みの程度と日数には個人差がありますが、処方する鎮痛剤でコントロール可能です。1~2週間程経過すると若干の痛みは感じるものの、通常の筋肉痛程度となり、それ以降はほぼ痛みを感じることはなくなります。

よくある質問に戻る

最強の脂肪吸引と
最良の脂肪注入豊胸術は、
お気軽にご相談ください。

神戸で脂肪吸引VASER(ベイザー)は、 神成美容外科

ご予約・お問い合わせ10:00〜19:00078-242-4380インターネットからも受付中

神戸で脂肪吸引VASER(ベイザー)は、神成美容外科

神戸市中央区雲井通7丁目1-1
ミント神戸13階
JR三ノ宮駅、阪神神戸三宮駅、
ポートライナー三宮駅直結

公式ウェブサイト

ページトップへ