コンデンスリッチファット豊胸術なら神成美容外科

ご予約・お問い合わせ10:00〜19:00078-242-4380インターネットからも受付中

最良の脂肪注入コンデンスリッチファット
豊胸術

フィルタリング技術によって健全な脂肪のみ抽出が可能なため、
脂肪定着率が80%と高く、定着量も従来に比べ約1.33倍の脂肪注入豊胸術です。
抽出した脂肪細胞は空気に触れない為、感染症のリスクを大幅削減することが出来ます。

脂肪定着率80%と高く、定着量も従来に比べ約1.33倍
フィルタリング技術によって健全な脂肪のみ抽出が可能
空気に触れない為、感染症のリスクが大幅削減

自分の脂肪を使用したコンデンスリッチファット豊胸術は脂肪吸引+脂肪注入・幹細胞抽出を含めた施術で唯一アメリカFDA認可を得ている最新脂肪注入豊胸術です。
特殊な濃縮技術によって不純物を取り除き、健全な脂肪のみを無菌状態で注入するため「石灰化」や「しこり」などのリスクを回避出来ます。

CRFはトレーニングを経て、認可を受けたドクターしか行えない豊胸技術です。

特徴

ウェイト効果によって、強く健全な脂肪細胞のみを抽出できます!

通常の遠心分離の約25倍のG(圧力)をかける

ウェイトフィルターのウェイト(重さ)によって、遠心分離の際に脂肪にかかるG(圧力)は、通常の遠心分離のG(圧力)の約25倍になります。この時、老いた弱い脂肪細胞はG(圧力)に耐えられず、排泄オイルになります。この約25倍のG(圧力)に耐えられた強く健全な脂肪細胞(コンデンスリッチファット)のみを抽出し、注入に使用します。

フィルタリング技術によって健全な脂肪のみを抽出可能に!

コンデンスリッチファットと排泄オイル(トリグリ)を分離

ウェイトフィルターには、液体のみを通す小さな穴が空いており、採取した脂肪から注入には適さない排泄オイル(=トリグリ(死活・老化細胞))を取り除くことができます。従来の脂肪注入法では成し得なかった、不純な排泄オイル(=トリグリ(死活・老化細胞))と新鮮で健全な脂肪との分離が、このフィルターにより実現しました。

空気に触れないプロセスを取っている為、感染症のリスクをお幅に削減!

全てのプロセスを空気に触れないシリンジ内で行う

従来の脂肪注入は採取から注入までに行う脂肪は、空気に触れた形で移動しておりました。一方、コンデンスリッチファットは、チュメセント(麻酔液)の注入、脂肪吸引、廃液、コンデンスまでをシリンジから出す事無く、空気に触れずに行います。よって、空気に含まれる菌やほこりなどのコンタミ(不純物)に触れる事の無い環境で行うため、感染症等のリスクを大幅に削減しました。

ポイント

脂肪の定着率がUP

従来の脂肪注入はもちろん、これまで最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪定着量を実現しました。
これまで脂肪注入の比較は、「通常の脂肪注入の定着率は40% 、それに比べ脂肪幹細胞注入は80%」と、「定着率」を中心に訴求されてきました。
しかし、脂肪幹細胞注入では採取した脂肪の半分は幹細胞の抽出のために使用され、注入用には使えません。すなわち、半分の脂肪はこの時点で無駄になり、「定着率」が良くても「定着量」は高くなかったのです。コンデンスリッチファット(CRF)注入は、無駄になる脂肪がない上に「定着率」も高く、脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪「定着量」を実現しています。

リスクを回避

独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮脂肪を、無菌状態で注入。しこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました。
脂肪注入は、人工のものを体内に入れるケースと比較して、異物反応のリスクが少なく、触感や見た目が自然な点がメリットです。一方で、従来の脂肪注入では、注入した脂肪が壊死したり石灰化を起こすリスクを伴う、という事実も存在しました。対して、コンデンスリッチファット(CRF)注入は、コンデンス(濃縮)技術によって壊死する可能性のある死活・老化細胞を取り除き、健全な脂肪のみを無菌状態で注入するため、上記のリスクが回避されています。

メカニズム

脂肪注入 脂肪幹細胞注入 コンデンスリッチファット注入
感染リスク高い
採取された脂肪のみをそのまま注入するため死活・老化細胞を含み、脂肪壊死や石灰化のリスクがある。また、脂肪が空気に触れる為、感染症のリスクもある。
効果が低い
注入する脂肪に対して幹細胞の割合が多く、従来の脂肪注入のリスクが軽減される一方、幹細胞抽出時に採取脂肪の半分を無駄にするため、注入量が少ない。
安全で効果大!
コンデンス(濃縮)技術により、死活・老化細胞のみを分離し、健全な脂肪のみを抽出するため、リスクを抑え、多くの脂肪が注入でき、定着量が最も多い。
さらにハイエンドとして、幹細胞の抽出&添加も行える。



コンデンスリッチファット(CRF)注入プロセス

① 専用シリンジで細胞を採取

コンデンスリッチファット用の専用シリンジを用いて脂肪吸引を行い、外気に触れないまま脂肪を採取します。

② チュメセント(麻酔液)を破棄

①のシリンジを10分間立てることで、脂肪とチュメセントに分離する為、チュメセントのみ廃棄します。

③ 採取した脂肪を遠心分離

チュメセントを廃棄したシリンジを専用機器LIPOMAX-SCにセットし、4000回転8分間遠心分離します。

④ 脂肪が三層に分かれる

遠心分離すると、上から排泄オイル(=トリグリ(死活/老化細胞))、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の三層に分かれます。

⑤ 脂肪以外を廃棄

三層に分かれたうちの、上の排泄オイル(=トリグリ(死活/老化細胞))と下の不純物とを廃棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。

⑥ コンデンスリッチファットを注入

シリンジ内に残った脂肪こそコンデンスリッチファット。これを、ボリュームを出したいバストに注入します。 脂肪注入時、一カ所からまとめて注入すると乳房内で脂肪が塊となり、しこりとなってしまいます。そのしこり発生を抑えるために、あらゆる層に少量ずつ注入します。

各種豊胸術との比較

ヒアルロン酸注入 シリコンインプラント豊胸術 脂肪注入 ピュアグラフト注入 コンデンス
リッチファット注入
概要 ワキ・アンダーバストからヒアルロン酸を注射する ワキからバストの下にスペースを作り、人工乳腺(バッグ)を挿入する 吸引した自分の脂肪をそのままバストに注入する 吸引した自分の脂肪を特殊フィルターに通して洗浄し、純脂肪組織(ピュアグラフト)としてバストに注入する 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)としてバストに注入する
適応体型 極度の痩せ型から肥満体型まで可能 極度の痩せ型から肥満体型まで可能(ただし、痩せ型だと不自然になりやすい) 極度の痩せ型以外は可能 極度の痩せ型以外は可能 極度の痩せ型以外は可能
触感 グミのような触感(脂肪より硬い) 多少の違和感がある 自然 自然 自然
自由 バッグの形による 自由 自由 自由
サイズアップ 0.5カップ程度 一般常識的範囲ならご希望のサイズに可能 0.5~1カップ程度 1~2カップ程度 1~2カップ程度
定着率 約30%~40% 約80% 約80%
持続効果 1~2年で吸収される 半永久的(破損・変形・拘縮があれば取り出す必要あり) 半永久的(ただし、天然の豊胸の方と同じで出産・授乳時及び極度の体重減少時にサイズダウンしやすい) 半永久的(ただし、天然の豊胸の方と同じで出産・授乳時及び極度の体重減少時にサイズダウンしやすい) 半永久的(ただし、天然の豊胸の方と同じで出産・授乳時及び極度の体重減少時にサイズダウンしやすい)
施術時間 約30分 約1時間 約2時間 約3時間 約3時間
注入する脂肪 脂肪(死活・老化細胞を含む) 純脂肪組織(ピュアグラフト) コンデンスされた健全な脂肪細胞(CRF)
術後の痛み ほとんどない 胸のみ 胸:比較的軽度
脂肪吸引部:筋肉痛の様な痛み
胸:比較的軽度
脂肪吸引部:筋肉痛の様な痛み
胸:比較的軽度
脂肪吸引部:筋肉痛の様な痛み
起こりうる合併症 しこり 破損
変形(リップリング含む)
カプセル拘縮
しこり(多)
脂肪壊死(少)
感染症(少)
しこり(稀)
脂肪壊死(稀)
感染症(稀)
しこり(稀)
脂肪壊死(稀)
感染症(稀)
メリット 注射をするだけの即効性 ほぼ確実にご希望のサイズに可能 脂肪吸引による痩身効果もある
値段が安い
脂肪吸引による痩身効果もある
定着率が高い
脂肪吸引による痩身効果もある
定着率が高い
ブランド力がある
デメリット 高い値段の割に持続期間が短い 起こりうる合併症の発生率が約10%と高い 脂肪吸引が必要
定着率が低い
脂肪吸引が必要
値段が高い
脂肪吸引が必要
値段が高い

※効果には個人差があります。

アフターケア

治療内容 コンデンスリッチファット(CRF)豊胸術
麻酔 静脈麻酔+局所麻酔
治療時間 4~5時間+回復時間
処方薬 抗生剤・鎮痛剤・坐薬
通院 固定除去:3日後
抜糸:1週間後
経過診察:1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後
ダウンタイム(回復期間) 腫れ:1週間程度
痛み:1週間程度(鎮痛剤でコントロール可能です)
内出血:3週間程度
むくみ:3ヶ月程度(むくみのピークは3日目~2週間程度)
拘縮:1週間目~3ヶ月程度
定着:約3ヶ月
サポーター(固定) 脂肪吸引部は、術後の腫れや内出血を少なくするため、ガーゼ・着圧ガードルで固定します。
3日後の固定除去までご自身で外さないようにしてください。
1週間後の抜糸まではシャワー浴時以外は固定を継続してください。
抜糸後24時間の固定は不要ですが、1ヶ月程度固定を継続することでボディラインが綺麗に仕上がります。
清潔 シャワー浴:3日後から可能です。
入浴:1週間後から可能です。
食事 当日は胃に優しい食事と、多めの水分を摂取してください。
翌日からは通常通りの食事が可能です。栄養バランスの良い食事を心掛けてください。
飲酒は腫れ・むくみが増強してしまう為、7日間は控えてください。喫煙も極力お控えください。
注意事項 日常生活の制限は特にございませんが、痛みの程度に合わせ、無理なさらないでください。
稀に貧血のようなふらつきがございますので、乗り物の乗降や階段の昇降には十分ご注意ください。
スポーツなど体を激しく動かす行為は1ヶ月程度お控えください。
性行為も無理のないよう約1ヶ月間はお控えください。
脂肪注入豊胸術後、バストは約3ヵ月間かけてゆっくり定着していきます。当日はバストが強く張った感じがします。
麻酔を多く使用するため、脂肪吸引部の傷口より薄い赤色の麻酔液が出る場合がございますが、ご心配は要りません。
傷口部分はガーゼ等で圧迫固定しておりますが、就寝時は念の為バスタオル等を敷いてお休みください。
バスト圧迫をなるべく避けるため、約1ヶ月間はワイヤーのない、ゆったりとしたブラジャー等を着用してください。
また、うつ伏せ寝にも気を付けてください。
アフターケア 脂肪注入豊胸術でできる傷はお胸の注入部位と脂肪吸引部位です。
当日は24時間いつでも連絡が取れるようサポート完備しております。
翌朝には患者様のご状態確認をさせて頂きます。
内出血・むくみ・拘縮を早期改善させるためのマッサージ指導をさせて頂きます。
RAFOS Premium(高周波温熱施療)によるトリートメントもございます。

類似サービスにご注意を!

ホームページや雑誌広告に目をやると、単なる脂肪注入法にPRP(血小板血漿)や脂肪定着因子(細胞成長因子)を添加しただけなのに、"幹細胞を抽出した最先端の再生医療です"と紹介する美容クリニックが多数存在しています。
また、「遠心分離にかける」「脂肪を凝縮」「コンデンス」といったうたい文句を使って、あたかもコンデンスリッチファットを注入出来るかの様に、類似サービスを紹介している美容クリニックも少なからず存在します。何よりも残念なのは、こういった内容を信じて手術を受け、脂肪壊死や石灰化を起こしてしまったという方が実際にいらっしゃるという事です。
コンデンスリッチファット(CRF)を抽出する事が出来るのは、先にも紹介したようにFDAに承認されている最新の遠心分離機器LIPOMAX-SCのみです。さらに、トリグリ(=排泄オイル)を分離出来る特許技術のフィルターを採用出来るものも、これ以外にはありません。
そこで、こういった類似サービスの横行を阻止する一つの方法として、CRF協会(日本医療脂肪移植研究会)は純正の機器を使用して正規のプロセスを行っているクリニックに認証マークを与えています。
ホームページや雑誌広告で"コンデンスリッチファット注入"と紹介されていても、認証マークが確認できない施設では、この方法は行っていないという事が患者様にも一目でおわかり頂ける仕組みとなっております。神成美容外科ではもちろんCRF協会から発行された認証シールを「安心の証」としてクリニックサイトに掲載しています。







手術中患者様は麻酔で眠っている状態の為、手術のプロセスを確認することができません。
手術を受ける前にあらかじめ、正規プロセスを行うクリニックかどうか確認しておくことをお勧めいたします。




認証シールが貼られているクリニック

  • CRF協会が認知したクリニックである。
  • コンデンスリッチファットのサービス提供が許されている。
  • CRF協会が定めた機器とプロセスで施術が行われている。

コンデンスリッチファット注入をうける前のチェック

  • コンデンスリッチファット注入の説明は、当サイトと同じ内容でしょうか?
  • サイトのどこかに認証シールはあるでしょうか?
  • 認証シールにクリニック名は記載されておりますでしょうか?

研究データ

症例

  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter
  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter
  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter
  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter
  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter
  1. BeforeBefore
  2. AfterAfter

他の症例を見る

料金

診療 通常価格 会員価格
コンデンスリッチファット豊胸術 1,400,000円 1,000,000円

※麻酔代、薬代、サポーター代が含まれます。
※価格は税別です。

最強の脂肪吸引と
最良の脂肪注入豊胸術は、
お気軽にご相談ください。

神戸で脂肪吸引VASER(ベイザー)は、 神成美容外科

ご予約・お問い合わせ10:00〜19:00078-242-4380インターネットからも受付中

神戸で脂肪吸引VASER(ベイザー)は、神成美容外科

神戸市中央区雲井通7丁目1-1
ミント神戸13階
JR三ノ宮駅、阪神神戸三宮駅、
ポートライナー三宮駅直結

公式ウェブサイト

ページトップへ